SPICY LIVE DVD


昨年の夏OAしたSPICY KICKIN'のスタジオライブ映像がDVD化!

本日発売されました!パチパチパチ!

SPICY KICKIN' STUDIO LIVE 2017

トレーラー

竜太さんのカメラ目線に悩殺されたいレディーはぜひw

最近スタジオライブの問い合わせが時にありまして

色々まとめておきますので興味のある方はご参考まで。

スタジオ生ライブとは

音楽がCDから配信に移行して、メインのハードがスマホになった今

音楽や映像はネットと共にあるコンテンツになりつつあります

そんな中「スタジオ生ライブ」というのは

アーティストを見れないCDでも、リアルタイムでないビデオでもなく

ちょうどその中間に位置する新しいコンテンツであり

今後すごく重要な位置付けになると僕は思っています

ツアーで全国を周るにはアーティスト側もそれなりに資金や体力が必要ですし

逆にユーザー側もなかなかライブを見に行けない地域の方も関係無く

全員がリアルタイムでライブを体感できるのが最大の特徴で

スマホやPCなど各自好きな環境や好きな場所で楽しめるので

アーティストとの距離が近い、かなりパーソナルなコンテンツです

ユーザー的に見るとそもそも「タダ」なのでデメリットはありませんw

では事務所やレーベル的な観点から見たら損なのかというと

テレビや雑誌から若い層が離れ、プロモーションが届かない現在

ネットからのアプローチが結果一番リーチできる宣伝であり

従来の宣伝費から考えたらむしろ1ケタ下がります

よく誤解をされがちなのですが「スタジオライブ」というのは

チケットを売るわけじゃないので「興行」ではなく「プロモーション」です

協賛があれば別ですし、MTVのアンプラグドのように

人数限定でスタジオにお客を入れるなどすればまた別ですが

基本的には「プロモーション」としてのコンテンツになります

が、今時深夜のTVスポットを15秒買ってもあまり効果はありません

知らない人には届きませんし、そのスポットを見てる人らは

そんなの見なくても元々知ってるからそこに向かって宣伝しても広がらないからです

ならそのお金でスタジオライブを1本するほうが

アルバムやツアーのプロモーションとしても期待値が高く

今後は新しいツールとしてかなり増えてくると思います

なんならそのままDVD化して100枚出せばペイできます

200枚さばけるアーティストならむしろ儲けます

プロアマ問わずこれからは各アーティストが各アプローチで

もっと手軽にユーザーと繋がる時代が来ると僕は思っています

そういった時代の架け橋になれたらと思い

スタジオライブのプロデュースを始めました

時代のメディアをむしろ存分に使って新しい楽しみを作りましょう♪

  • Facebook page
  • Twitter page