1億4千万の瞳

大哺乳類展を見終わった所でね

常設展の何かが無料だっていうポスターがあったので

ついでにチラッと見て帰ろうかなと思ってたんですよ


でも場所がわかんなかったので係員のおばちゃんに聞いたらね

「じゃあパンフレット差し上げますね」と言ってパンフをくれたんですね



でも全館の地図が載ってて結局どこかよくわかんなかったので

「あの、特別展のチケットで見れるのはどれのことですか?」って聞いたらね

「あ、いえいえ、全部無料です。常設展の料金はかかりません」


国立科学博物館


↑これ全部タダってどゆことw


哺乳類展などの特別展のチケットがあれば本館の常設展は全部無料なんですね

しかも僕1000円で入ったのにw

えええええてなって、改めてパンフを見たんですがもう見たい物だらけで全部廻りたいくらいなんですよ


でも全部廻れる時間がもうあまり無いのと、そもそもクリムトと哺乳類展を見たばっかで

正直もう結構疲れてもいたんでどうしても見たいの2つに絞ったんです


じゃ1つは当然これですよね


ババン!!!


恐竜キターーーーーw


いきなりティラノサウルスバーーーン!


もちろんトリケラトプスもドーーーン!


うっはw

シッブww

でっかwww


ちなみに↓このトリケラトプスね


wikiにも載ってるんだけど「レイモンド」って名前なんだって

非常に状態が良く世界的にも有名らしいです


さすが国立の博物館ですよね


だって1億年前すよw

ははははw


体中からロマンが溢れて吐きそうなので

このまま白亜紀コーナーを抜けてですね

もういっそ生命の誕生まで遡るわけすよ


デデン


5億年前フイタw


カンブリア紀から始まって


進化の過程を見ていくと


水中のやつはなんせデカくなるから


カメのデカさ異常w


陸に上がりだして


地上で生きるようになったころ


天敵現る


手前の猿人ルーシーで318万年前だそうです

ちなみにこの人達のポーズには状況設定がありまして

「突然現代に連れてこられて驚いてる」という設定なんだそうですw


地球の生命を一周してきたので

この流れで「人類の進化」も見ておきたいと思い


ここに来てみました


入ったら突然これドン


万年時計って知ってます?


昔これのビデオを見た事があるんですがね

ここにあるって全然知らなかったんで鳥肌出たわ

これ本気でヤバいですよ


もし良ければ


テンションフル天で進んでいくと


いきなりゼロ戦ドーン!


天才的エンジン


でもエンジンと言えば車ですよね


初期国産車オートモ号!


フッツーにかっこよくてフイタw


機械式計算機が生まれ


電子計算機になり


そして宇宙へ


もうこの頃には人類の歩みに号泣ですわw


5時間くらい歩きっぱだったので疲れ切ってるはずなんですが

生命の誕生から人類の進化を流れで見てしまったので

なんかもうあらゆる感動が流れ込んできて大変でした


いやあ、でも今こうしてダイジェストで見てるだけでも

色々思い出してきて言葉にならないので

やっぱり最後は織田さんに締めてもらいましょう!


地球に生まれて、良かったーーーーー!\(^o^)/



あー疲れた

  • Facebook page
  • Twitter page