伝説体験


昨今音楽映画が活発で

ボヘミアン・ラプソディも応援上映などで未だ盛り上がってますよね

あ、ちなみに僕はボヘミアン・ラプソディを見た後はですね

家着きますよね

靴ぬぎますよね

コート脱ぎますよね

で、押しましたよね

こう!


ビシイイイ!!

最高w

いやいや、これはこれで伝説なんですが今回は違います!

今年はもう1つ伝説がありますよね!?

今年は2018年ですよね!?

はい、2018年と言えばなんの年ですかー(耳)

はいそーですね!

まりや様の40周年記念ですよね!

ので行ってきました竹内まりやデビュー40周年記念!!!

souvenir the muvie MARIYA TAKEUCHI Theater Live

はい神

これで死ねる

これはドキュメンタリー的なものではなく「シアターライブ」なんですね

2000年に行われた18年ぶりのライブ「souvenir」

その10年後の2010年に行われた「souvenir again」

で2014年、33年振りに行われたツアー「souvenir2014」と

3本のライブから抜粋されて作られたシネマライブなんですよ

でMCがわりに現在のインタビューや解説が入るって感じです

まりや様はライブなんてほぼやりませんし、当然映像化も一切ありません

もうこれを逃したら我がまりや神のライブを見るのは不可能に近いので

まりや教の方は見ないと知りませんよ!一生後悔しますよ!

もうすぐ終わっちゃうので行く人はお早めに!

僕は世代的に洋楽ばっか聞いてたので邦楽はそこそこだったんですが

それでもやっぱし日本人なのでどうしても聞く物だってあるじゃないですか

そんな僕の中で日本人のアーティストは?って聞かれたら

結局竹内まりやと荒井由実が二大巨頭なんかもしれない

その中でも自分にすり込まれているメロディーに至っては完全に竹内まりやで

アレンジ的には荒井由実、歌詞はnokkoが僕のジャスティスなんすよ

っていうかね

山下達郎はやっぱヤバいね...

いや、もちろんわかってはいるんだけど今回の映像で改めて思いました

やっぱ竹内まりやたらしめているのは達郎すよね

まりや様の曲って日常がベースのド歌謡曲なんですが

あの上質なサウンド面が全てを担保してるのでベタにならないんだな

逆に言うとサウンドが素晴らしいからこそ安心して歌を聴けるというか

言葉とかメロディーがめちゃくちゃ入ってくるんですよね

もちろん「若い頃に聴いてたから」ってのが全てなんですが

それでもやっぱりこの時代の曲って未だに色褪せない何かがありますよね

何も無かった分「音楽が人に与えていた影響力」も大きかったしね

はあ〜死ぬまでに見れて良かったw

3回くらい泣きそうになったけどなんとか踏みとどまりましたわ

あと歌いそうになるのを耐えるのが人生最大の苦行でした

これも応援上映してくれたらいいのになあ

あ、でも最後のPVはいらないかな...w

行く人はお早めに!

じゃバイバーイ

  • Facebook page
  • Twitter page