聞こえない街


砂漠の入り口メルズーガを出てワルザザードに向かいます

ワルザザードとはアラビア語で「誰の声も聞こえない」という意味

砂漠地帯特有の静けさや厳しさと共にオアシスの豊かさがある街です

永遠と続くカスバ街道をまたもや半日かけて移動します

2時間ほど走ったころ

とある建物に来ました

デデン

化石屋さんw

ご存じの方も多いと思いますがアフリカ大陸は化石の宝庫でして

化石がバンバン発掘される地なので当然「産業」としても盛んです

小さい物やなんぼでも取れる物はもはやお土産となっていまして

アンモナイトもキーホルダーになって売ってたりしますw

さらに走り続けると

変なボコボコに出会いまして

永遠に続いてます

各山に穴が空いてて

水を汲む井戸なんですね

これカナートと言われる地下用水路でして、山の地下水をオアシスまで引っ張ってくる跡地なんですって

2700年前からある手法だそうで砂漠で水が蒸発しないよう地下に穴を掘って山の傾斜を利用して水を引くと

下にも降りれた(10DH)

中はずっとこんな感じ

明かり取り用の縦穴もある

昔の人はすごいこと考えるよねえ

この中を水が流れてたってすごいと思うわ

お邪魔してますよ

バイクの旅も楽しそう!

再び移動開始

永遠に岩山地帯

更に2時間ほど走ったら

スタンドを発見したので

しばしの休憩

ここから一気に山岳地帯で

地球か火星かもうよくわからんw

なんなんすかこれw

上から緑の位置を見ると

水脈がどう通ってるのかがはっきりわかりますよね

やはり緑の下に水があってその周りに街が出来てるんだなあ

人間なかなか「地球を感じる」なんてことそう無いですが

こういった大地そのものを見るとスケールのデカさを痛感しますね

そうこうしてるとレストラン発見

超絶可愛い

迷わずミートボールタジン

テラスからはこう

さらに進むと...

はいトドラ渓谷ドーーーン!!!

ツーリングの人らもいる

もう細かいこととかどーでもよくなってくるわw

水も死ぬ程綺麗

ホテルとかもあったんだけど

2年前に締めちゃったんだって

なんでか聞いたら「落石があったから」って。

まあそらそうだわなあ、、なんて思ってたらね

ガイドが「あ、これね」って

いやいやいやいやいや

アカンアカンアカン

パラパラパラ...ちゃうんかいw

やっぱスケールが違うよねw

歩いて通り抜けるだけで楽しい

再び走り出す

小一時間も走ると

緑も増えてきて

エル・ケラア・ムグナ到着

絶対突っ込まんから

ここはバラの街としてすごく有名でバラの香水からバラのお菓子まで色々

ちなみにダマスカスローズの生産地はブルガリアとモロッコだけなので

奥様&女性のみなさんは大量にローズウォーターを買い占めていました

ここで買ってもそこそこな値段ですがこれを日本で買ったらゼロ1こ増えちゃうので

まだ買うかっていうくらいみなさん買ってました

アルガンオイルをはじめ女性陣にはたまらんのでしょうね

僕は特に買う物は無いので外でウロウロ

日本のアメは仲良くなれる説w

再び走り出す

2時間ほどして休憩

学校帰りの学生もいっぱい

日も暮れ始めた頃

ようやくワルザザード到着

綺麗な街

賑わってるし

やっとホテル到着

超いい感じ

遊んでたらすぐ夜に

今日もお疲れ様でした

明日はついにオートアトラスを超えていざマラケシュです

4000m級の山々は大変ですが明日も頑張るぞ!

つづく!


  • Facebook page
  • Twitter page