おんがくのじかん


つい先日無事アンフィも終わったじゃないですか

1ヶ月に及ぶリハや準備の末のライブだったので翌日はもちろんゆっくり体を休めないといけませんよね

13時

まだやんのかいw

ま、とはいえ1曲目は音決めも案外チャチャっと決まりイエーイなんつってるうちに無事終了

そんなこんなでアッキー登場

まだやんのかいw

今回はせーので録りたいってのもあるんですが、そもそものアレンジをしながら作っていきたかったので

細かい所まで相談しながらのレコーディングにしました

でもやっぱしこういう瞬間に音楽の根源を感じるというかつい10分前までクソみたいなデモだったものが

どんどん「おんがく」に変化していく瞬間を見ますよね

まして外&山は昨日までのグルーブがまだ残ってる状態なので

音合わせの必要もなく、1テイク目からすぐ絡むわけですよね

でも逆にこの曲の最後は軽いかき回しなんですがそのテンション感とかサイズ感がまだライブの時のまんまで

外さんそれ長いですとw

これレコーディングなんでとw

なんだかんだ言ってるうちにどんどん音符もノリはじめて

「おんがく」が積み上がっていく場面に立ち会えるのがこの仕事に心から感謝する瞬間だといつも思う

いい言葉に出会えた時とかいい演奏に出会えた時ってやっぱ素直に感動するね

結局最後は理屈じゃ無かったりするもんな

外&山チェック中

今日はアッキーのお弟子さんも来られてたんですがこういうタイプはツアーが終わった瞬間

泣き出しかねないタイプなので今日はそっとしておくことにしました

なんだかんだ言ってるうちにドラベも無事終了しいよいよギターのダビングに入るんですが

当然ギターも色々相談しながらやりたかったので

福田先生ドン

59年と62年のピックアップを積んだストラトがやたらいい音なので

レスポールをバッキングにしてストラトをリードに決定

SHINOSはローカットを入れずにBASSをツマミで全カット

TREBLEを上げつつ爆音をリボンで受けるともうギラッギラ

好きw

開始したのは結局22時とかになってたんですが福田とやるといつも盛り上がりすぎてですね

4時ですわw

アホかとw

やっぱ楽しいとダメね

永遠にやってしまうもんな

いかんいかん

福田には色々迷惑をかけたけどようやく「おんがく」になりました

本来頭も体も疲れ切ってるはずなんだけどむしろすごく気持ち良かった

ミュージシャンにもエンジニアにも今回は本当に感謝感謝です

後はこの温度感が少しでも伝わることを祈ろう

みなさんに届く日が待ち遠しいです(๑′ᴗ‵๑)


  • Facebook page
  • Twitter page