水星の魔女

始まりましたね新ガンダムシリーズ


僕も参加してるんですが今回は実名でやってないのでちょっと置いておきつつ

確認も兼ねて先日始めてリアタイで見てみたんですが、1st世代のおっさんにしたら驚きの連続で...

単純な世代交代ではなくもはや時代交代というか、新しいガンダムのスタートって感じでしたね


まずキャラデザはモグモさんという新しいイラストレーターさんで、無名ってわけじゃないんですが

今まで大きなアニメのキャラデザをしてきたわけでもない”今”のイラストレーターさんを大抜擢

今回のキャラデザは僕も結構好きなんですよね


でおっさんらにしたらある意味キャラデザより重要なメカニカルデザイン

すなわち「誰のガンダムなのか」というところですよね


今回のガンダム エアリアル


過去のシリーズからあの人だこの人だと様々な憶測が飛び交う中

なんとこちらもJNTHEDさんというシリーズ初の方を大抜擢

ましてやこのJNTHEDさんて、もともと村上隆さん所のカイカイキキの方なんですよ

ので純粋なメカデザイナーというよりは本来アーティストサイドの方なんですね

次はJNTHEDさんのエアリアルがサザビーズで16億になる時代がくるかもw

そういえば先日始まったもうひとつのおっさんコンテンツ「うる星やつら」でも

メカデザインされてたんでまさにこれから熱い方なんでしょうね


音楽でいうとOPはYOASOBI、EDは新人のシユイ&supercellという新旧ボカロ組で

YOASOBIも素敵ですが、ryoさんなんかはもはや貫禄すら出てましたね

僕もSeed以降それなりに関わってきましたが、ここで完全に刷新されたと実感しましたわ

良くも悪くも長きに渡って続いてきた「マイナー調ロック」というアニソンフォーマットを崩し

新しい時代に向けて”今”のコンテンツを作るんだという意気込みを感じました


ストーリーもガンダムシリーズ初の女性パイロットが主人公で、かつ学園物

時代にすり寄った陳腐なポリコレではなく、今の所すごく自然に多様性が表現されてました

今までのシリーズの中心にあった「戦争」を「決闘」、「国家」を「企業」に置き換えて

現代だからこそリアルな各々の戦いを真ん中に持って来てるのもすごく秀逸でした

そのモチーフにシェイクスピアを持ってくるのも素晴らしいですよね


つまりね、いや変な話し、これ「ガンダム」じゃなくてもいいんですよ別にw

今までのガンダム要素を限りなく排除していくならガンダムである必要はないんですが

敢えてガンダムでするのは、今までの「おっさんの為のコンテンツ」を卒業して

「新しいガンダムを創るんだ」というものすごくポジティブな熱意を感じるんですよね


いやこう言っちゃ悪いですけど、はっきり言いましてガンダムの話しするのおっさんばっかりですよねw

まあ10歩譲って若い男の子もたまにいるくらいですか

僕も長いこと関わってますし、仕事上若い女の子らともよくいますが

ぶっちゃけ今まで女の子からガンダムの話しなんて1回も聞いたこと無いですもんw


もちろん男性が楽しむコンテンツで何も悪く無いんですが、ガンダムの呪いというんですかね

偉大すぎるがゆえに、なまじクリエイター側からのリスペクトがあるゆえに

長く引っ張り過ぎてやっぱ「時代に合ってない感」は正直ありましたよね

僕もたまーにテレビ版のシリーズを見る度に「いつまで悩んでんねん」ってずっと思ってましたもん


全てを一新したおかげで、デザインも音楽もストーリーも、普通に世界に持って行けるというか

むしろジャパン特有の強みを凝縮した新しいガンダムになりそうで僕なんかは大歓迎

80年代の熱血系を経て、90年代以降続いてきた苦悩系も終わり

ここからは安いボーイミーツガールではない現代の新たな価値観が生まれていくんだなと思う


そうは言っても脇は歴代のクリエーターがしっかり支えていたり

ちゃんと”ガンダム”してるから好きな人も安心して見れるバランスが絶妙でした


盛り上がってくれるよう祈りながら楽しみに見ています♪

0件のコメント

最新記事

すべて表示

極める