なんとかロス

ようやく動き始めましたがどんな感じですかね

完全に戻った人もいれば、まだまだ全然の人もいると思うんですが

まあ正味2ヶ月ほど人間の電源を切ってたみたいな状態でしたから反動も大きく

周りでは「思いっきり服買ってきた」とか「毎日外食してる」とかも聞こえてきます


結果2ヶ月だったというだけで、先が見えないまま今まで当たり前にやってた事が突然途切れると

まあ結構なストレスですし、人それぞれに「○○ロス」みたいな感じになるんでしょうな


僕の場合は「美術館ロス」でしたw

そう考えると僕にとっての美術館て思ってもない部分で刺激なり癒やしなり気分転換なりと

案外自分のバランスを保つ役割になってたんだなあと無くなって改めて気づきましたわ


ということでいよいよ美術館もボチボチ稼働し始めましたので

僕も気分転換に少しずつ行こうかなと思っておるのですが美術部再稼働1発目はこれ


KIMONO それはニッポンの花道


「それは、ニッポンの花道(ランウェイ)」

このタイトル考えた人と2日くらい飲み明かしたい


これ本当は4月に行こうと思ってたんですが休館してしまい再開が危ぶまれる中さすが我がトーハク!

6月30日より8月23日まで開催延期が決定いたしました


織田信長の陣羽織だいぶヤバイw



尾形光琳が描いた白小袖の美しさ


黒綸子地波鴛鴦模様


日本人だからかも知れませんが、やっぱ和柄ってヤバくないですか

なんかいちいち”粋”なんですよね

パンチが効いてるのも、純粋に美しい物もそのデザイン性って”和独特”ですよね

当時のファッションリーダーが贅の限りを尽くした芸術品を良ければぜひご覧あれ


その次に行こうと思ってるのはもちろんこれ


はいバンクシー展ドーーーン!!!


バンクシー展 天才か反逆者か


これも5月30日から無事復活!

横浜駅の近くにある「アソビル」って所で9月27日までやってます

日本初上陸で70点くらい来るらしいですよ

なんなら壁ごと持って来た作品もあるそう


昨年のバスキアもなかなかパンチがありましたが、現在のストリートアートの最先端も見たいじゃないですか

バスキア行けなかった人もせっかくなのでバンクシーいかがですかね


最後にもう1つ気になってたのがこれ


ピーター・ドイグ展


これ元々は2月に行こうと思ってたんですが今月の12日から復活

ピーター・ドイグはイギリスの現代美術家でして、僕も見た事無いんですが

昔のばっか見てるのもいい加減飽きたので、たまには現代の作品も見たいなと思ってた所

油彩と水彩のちょうど真ん中と言いますか、すごく綺麗な作品だったので気になってました


ていうかさすが近代美術館

HPに3DVRで館内を回って作品を見れる映像があるんですがそれも結構面白いです

気になった人は試してみてください


ちなみにほとんどの美術館は人数制限の為、今は時間制のチケットになっています

ので日時を決めて予約をしないといけませんが、まあ並ばなくて良いので楽かもです

検温もありますし、マスクが無いと入れないなど色々あるのでご注意を


気分転換にでも散歩がてらにでも、外に出る理由作りにでもどうですかね

ボチボチ元気出して行きましょう〜

  • Facebook page
  • Twitter page