「こころ」

本日もマスタリングで乃木坂に来たんですね


詳細は解禁したらまた言うとして、とりあえず終わりますわな

で、さあ帰ろうと思った時にフと思い出したんですよ


あ...乃木坂じゃん、と


と言いますのも、最近あっちゃんの「エクストリーム文学」をよく見るんですが

先日夏目漱石の「こころ」回だったんですね


エクストリーム文学「こころ」後編


こころ


みなさん一度はどこかで読んだかと思うんですが内容覚えてます?

正直僕はほとんど覚えてませんでした


”エクストリーム文学”は名前の通り名作を超短的に要点だけ解説するんですが

漱石をピックアップする時に「吾輩は猫である」じゃなく「こころ」なのがシブイよね

さすが日本文学で一番売れた作品なだけありますわな

あ、関係無いですが豊崎の「猫になる」は”我が輩は猫である”からとってます


さて、今回「こころ編」の最後で陸軍大将乃木希典(のぎまれすけ)にも触れますが

”乃木坂”ってこの乃木希典の”乃木”なんですね


てゆーか乃木ソの隣にある乃木神社ってそれが祀られた神社でして

大きな敷地内には乃木希典が殉死した旧乃木邸もそのまんま残っています

僕ここに10年以上通ってるわりにそんなこと全然知らなかったんですよ


ので今日行ってみたんです


むしろよく今まで行かんかったなってくらい駅の真隣にあります


全体はこんな感じ


中庭を登っていくと


旧乃木邸が出てきます


隣には馬小屋もそのまま残ってて


スロープでグルッと回れるんですが


邸内は一般開放されておらず、年に3回だけ抽選で見学できるそう

次回は9月でその次は11月だったんですが一度行ってみようかな


乃木神社の方へ行くと


今ちょうど100年記念行事の為の工事をしている最中で正面の参道を通れなかったんですが

その代わり「つれそひ風鈴回廊」と言って横道から境内に行くんですけど


これがまた超いい感じでした


中も超素敵


パンパン


まさかこんな所にこんなのがあったなんて全然知らなかった

乃木神社すごい良かったです

もし近くを通ることがあったらいかがですかね


せっかくなんで「こころ」を読んだことが無い人や昔読んだけどボヤッとしてる人は

思いだし用に前編も良ければどうぞ(๑′ᴗ‵๑)


エクストリーム文学「こころ」前編


  • Facebook page
  • Twitter page